閉じる

日本全土が、この衝撃に、揺れている。

「日本縦断モニタリング試写会」開催中!

~全国からの感想の声&アンケート結果~

本作「天空の蜂」は、衝撃×興奮×謎解き×感動、全てが詰まった今年最も注目のサスペンス・アクション超大作。マスコミ試写でも早期から話題騒然、満席続出、「邦画とは思えないほどのハラハラドキドキの作品だった!」「すごい映画に出会った。」というような、これまでに無いほどの熱い感想の声を多数いただいております!

そこでこの度、この映画が”あらゆる立場の人に楽しんでもらえる映画である”ということを日本中にお伝えし、本作がもつ魅力を更に深くお届けしていくために、”日本縦断モニタリング試写会”の開催が決定!
世代や性別を問わず、様々な年齢、職業、お住まいの地域ごとに、特別に試写をご覧いただき、リアルな感想の声&鑑賞後の評価を、モニタリングしております!
こちらのページでは、日本中の皆様からの、とれたてのリアルな感想コメントや、モニタリングの結果を、随時ご紹介していきます!

書店員の91%が「ストーリーがとてもよくできていた」と感心

91%

観応えのある作品になっており、原作ファンとして嬉しく思います。
(39歳男性 書店員)

すごかったです。みんなにすすめたいし、日本人は見るべき映画だと思った。(23歳男性 新入社員)

今までの東野さんの原作とはちがった迫力があってとてもよかったです。
(16歳女性 高校生 東野圭吾ファン)

原作とはちがう展開でスリリングでした。
(43歳女性 会社員 東野圭吾ファン)

パイロットの75%が「この空中救出作戦はさすがに不可能」と判断

75%

ありなさそうで、ありえそうな今世紀最大のスぺクタル巨編(29歳男性 パイロット)

予想以上の作品でした。松竹の宣伝部の方が試写会を多く開催して宣伝に力を入れている理由が分かりました。東野さんの小説と堤監督の大ファンである私にとって、本当に最高で素晴らしい映画でした。
(21歳女性 大学生 東野圭吾ファン)

次世代の人にもぜひおすすめしたい作品です。原発の件で真剣に考えねばならないと思いました。仕事上さらに警備を強めていこうと思います。
(41歳男性 警備員)

予想していたよりもハラハラドキドキでした。まさにハリウッド級!?
(40歳女性 書店員)

終始ハラハラドキドキして鳥肌が立ちっぱなしでした。(22歳女性 書店員)

骨太なサスペンスで手に汗握りながらあっという間の2時間!
(29歳女性 書店員)

東野圭吾ファンの97%が「満足した」と回答

97%

ここまで最初から最後まで作品にひきこまれたのは久しぶりでした。
(20歳女性 学生 東野圭吾ファン)

2015年1〜6月までに観た洋画、邦画の中でともかく一番面白く楽しめました。
(65歳男性 書店員)

久しぶりに見応え200%の映画だ!!
(47歳男性 会社員 映画レビュアー)

あれだけ完成された原作をもちながら、よくここまでの映画にしたと思う。10年後、20年後にまた観たくなる。子供に観せたいと思った。
(19歳 男性 大学生 東野圭吾ファン)

今までに観た邦画で最も感動しました。
(38歳女性 弁護士)

弁護士の42%が「この犯人を弁護したい」と語った

42%

最近の邦画では数少ない、
硬派でスケール感があり、社会の闇に切り込みながら、
正義や勇気、父子愛を見事に織り交ぜた作品。
大変感動して、2時間18分が非常に短く感じました。
(50代男性 広告代理店勤務)

劇場で見てこの映画の良さを知ってもらいたいと思います。
迫力もあり、感動する部分もあり、とても楽しめました。
江口さんかっこ良すぎです。
(34歳女性 GEO店員)

オートローテーションや積乱雲の中のヘリの揺れ、子どもがヘリのテストボタンを押して
音にびっくりするシーン等、航空業界の人間としてニヤリとするシーンが多数ありました。
とても面白かったです!!
(33歳男性 パイロット)

息つく暇もないストーリー展開でハラハラしっぱなしでした。
(20代男性 新聞社勤務)

関西地区書店員の70%が「湯原のような諦めない男がタイガースにもいて欲しい」と願った

70%

かつてないほどハラハラドキドキし、涙が止まりませんでした。
親ならばぜひ見ていただきたい映画です。
(31歳女性 子育て中のお母さん)

手に汗握り、前のめりになってしまうほど興奮した。
多くの人が見て感じることが、何より大切なのでは、と感じた。
(37歳女性 会社員)

感動しすぎて涙が止まりません。とても良かった作品です。自身の生死よりも、大切なものが、守るべきものがあると考えさせる作品でした。
もっと早く見たかったです。いろんな人にこの良さを知らせたいです。
(32歳女性 子育て中のお母さん)

ここにまだうったえ続けてくれる人がいる。そう強く思えた。
数年たった今だからこそ見てほしい物語。
痛みを伴う想像力を持てば世の色々なことが考えられるのですね。
心から良い映画だと思いました。
(49歳女性 子育て中のお母さん)

OLの95%がキャストの演技を支持

95%

手に汗握る、とはこういうことかと思いました。最後まで気を抜けない展開。技術者のカッコ良さがあった。
(34歳女性 会社員 映画レビュアー)

ストーリーも映像も、そしてキャストの演技もすばらしく、ずっと息をのんでいるようなそんな緊張感を持って映画に見入ってしまいました。
本当に素晴らしい映画でした。
(42歳男性 会社員 Twitterユーザー)

予想をはるかに上回る、いろいろな意味で考えさせられる作品。
原作の力もさることながら、映像の迫力、すごいです。
役者の迫力もすばらしい。
これ、現代社会に痛烈な蜂の一撃だと思います。
(43歳女性 会社員 Twitterユーザー)

3.11、宮城県で被災しました。
何の前ぶれもなく、今までに感じたことのない揺れに地鳴りに・・・
当時のことを思い出しましたが苦痛ではありませんでした。
こうして、自分の経験として知っていることを、周りの人にも積極的に伝え、考えてもらいたいと思いました。
当時、関東に来た時、こちらにいる人のあまりの無関心さにおどろきました。
これも“痛みを伴わない想像”でしかないからだったんだ・・・と思いました。
わからない、私は知らないから・・・
何事も、無関心でいてはいけないと改めて感じます。
ありがとうございました。
(23歳女性 大学院生 Twitterユーザー)

初めから終わりまで、息つく間もなく引き込まれた作品は、天空の蜂が初めてでした。
日本中の人が、見るべき作品です。
(19歳男性大学生 Twitterユーザー)

ビデオショップGEOの店員93%が「日本中に勧めたい」と回答

92%

今までみた作品で最も度胆をぬかれる作品でした。本当にハラハラドキドキで、そして社会的テーマもしっかりとりいれられたすばらしい作品でした。
(16歳女性 高校二年生 Twitterユーザー)

とても震災前の作品とは思えない。未来を予言した作品。
スクリーンの迫力もあって、2重、3重の展開は、ハリウッドに負けないと思う。
(50歳女性 会社員 Twitterユーザー)

原作を是非読みたい。実のところ東野圭吾作品の人気って、ベストセラーで売れてるからみんな買うんじゃないの?というひねくれた考えがちょっとあったのですが、反省します。この作家、すごい。
(28歳女性 書店員)

序盤の人間模様にイライラしながら見ていましたが、後半それがとても良い伏線であると思わされました。原発というテーマよりも、これから起こりうる危機に、私は何のために命を張るのか、考えさせられました。
(24歳女性 GEO店員)

警備員の84%が「危機対策の参考になる」と回答

84%

原作を超える映画は存在しないと思っていたので、ほんとうにビックリしました。心の震えもすごかったけど、途中、体が本当に震えてしまって、呼吸が難しかったです。人生で一番すごい映画でした。観れたことに感謝です。
(17歳女性 高校生 東野圭吾ファン)

随所随所で手に汗握る場面もあり、ダレる事なく非常に楽しめた。エピローグもそこにつながるのかと感心した。多くの人に見てもらい、それぞれの登場人物の心情を思いながら何度も見直してもらいたい。
(34歳男性 GEO店員)

1人の大人として、深く考えさせられた。今ある当たり前の日常が、絶対に揺るがないものだとは言えないのだと思い知らされた。日本人は全員見て欲しい。「狂っているのがだれだか、いつかわかる日が来る」にゾクッとした。
(32歳女性 主婦)

劇場で見てこの映画の良さを知ってもらいたいと思います。迫力もあり感動する部分もあり、とても楽しめました。江口さんかっこ良すぎです。
(34歳女性 GEO店員)

素晴らしいアクションに圧倒されました。
(27歳男性 GEO店員)

日本の90%が「映像の迫力が圧倒的」と手に汗握った

3>

90%

社会問題に興味を持つきっかけになるかもしれない。原発の問題により興味を持った。
(23歳女性 サービス業 新入社員)

すごくドキドキハラハラした!!見た後はすごく満足できました!!迫力がすごい!ヘリが落ちる瞬間は本当にすごかったです。
(22歳女性 接客業 新入社員)

最初から最後まで緊迫した場面の連続で最後まで飽きませんでした。20年前にこのテーマを扱った作者に敬服しました。
(31歳男性 弁護士)

目の覚める作品であった。考えさせられるところも多々あった。平和の概念を見つめ直す良作であった。
(32歳男性 警備員)

日本の81%が「原発テロという社会的タブーをよくテーマにした」と賛同

81%

リアリティがすごい。細部までこだわっている。手に汗握る。今、自分の進んでいる道のプロフェッショナルになりたい。つきつめたいと思った。
(23歳女性 会社員 新入社員)

専門職に携わる者として、誇りを持つことの大切さを改めて感じた。
(36歳男性 フライトクルー)

原発のテーマ性、改めて愚かな群衆の一人である自分自身を見つめ直す作品でありながら極上のエンターテイメントでした。
(41歳男性 編集)

全編通して全く飽きさせない。目が離せない映画だった。その中でも原発や自国防衛、家族を考えさせる社会的要素もあり、想像以上に盛りだくさんの良い映画だった。大満足。
(42歳男性 会社員)

ママの93%が親子の絆の大切さを痛感

93%

迫力満点。色々なざわざわした感情を起こさせる作品。原作以上の映像の迫力に感動しました。
(26歳女性 会社員 東野圭吾ファン)

映画2本分の面白さでした!
(40歳男性 興行関係)

原作を知らなかったが、映画のクオリティは高いと思う。
(45歳男性)

ビッグBのローターの重低音に身震いしました!
(26歳女性 会社員 東野圭吾ファン)

福岡中小企業経営者協会会員の67%が「九州男児には、湯原のような熱い男が多い」と回答

67%

迫りくるタイムリミットの描き方が素晴らしい。この緊迫感は一瞬たりともスクリーンから目を離せない。
(43歳男性 自由業)

原発が様々な問題を抱える中、このような作品は改めて考えさせられました。20年前に書かれたとは思えないような、今日本人がみるべき映画だと思った。
(19歳女性 学生)

事件が現在に置き換えられていないのが不思議でしたが、ラストでその理由がわかりました。当時ではなく、まさに今、作られるべき映画だったと思います。
(53歳女性 主婦 東野圭吾ファン)

あなどっていました。心臓に悪い映画です。邦画でまさかここまでの迫力とここまでの出来栄えの映画が観れると思っていませんでした。
(52歳女性 電話オペレーター)

Twitterユーザーの90%が「日本中の人に勧めたい」と回答

90%

真実に目を向けない、知ろうとしないことがリスクだと感じた。原発に対して、1つ視点が増えた。
(24歳男性 会社員 新入社員)

普段コントロール下にあるものが、手に負えない場所に行ってしまった時の恐怖感をまざまざと思い知った。
(52歳男性 パイロット)

何が正義で何が悪なのか考えさせられる映画だった。社会人一年目として、「社会の矛盾」に気づかされる事が多い時期であり、深く考えるきっかけになった。
(22歳女性 呉服店店員 新入社員)

圧倒的スケールに驚いた。原発という、我々の生活にとっては必要なものの裏にある恐ろしさを、原発とともに生きる我々はもっと理解すべきだと思う。
(16歳女性 高校生)

社会人1年生の89%が「社会問題にもっと関心を持とうと思った」とコメント

89%

コックピット内の描写もリアリティがあってよかった。本木雅弘さんがとても迫力のある演技をしていたと思います。
(29歳男性 パイロット)

正直ここまでのモノとは期待せず観てましたが、すごくハラハラドキドキした、面白い作品だと思いました。まさか、20年前に書かれた作品が今、最も問題とされるトピックだとは思わなかった。
(24歳女性 会社員 新入社員)

この映画に関わった全ての人の本気が伝わる映画でした。
(32歳男性 GEO店員)

手汗が止まらない。
(34歳男性 GEO店員)

映画“ミッションインポッシブル”ファンの79%が「この映画のミッションもインポッシブルだ」とコメント

79%

これぞ堤イズム!!
(23歳男性 GEO店員)

技術を仕事にしている者として、技術者の誇りが心に突き刺さりました。おもしろかったです!の一言につきます。
(33歳女性 会社員)

最初から、気付いたら涙が出ていた。こんな自然と出ているのに驚いた。色々な愛があり、愛する人、守る人々の為にやっていることが、時として加害者になり、被害者にもなるんだと深く考えさせられた。
(30歳女性 パート Twitterユーザー)

劇場でもう一度、家族と見たい。
(40歳男性 書店員)